【摩訶不思議】チャップアップでのAGA対策は期待薄!売れるのはなぜ?

薄毛の原因で最も多いとされているのはAGA(男性型脱毛症)です。M字ハゲやてっぺんハゲは、まずこのAGAだと考えて間違いないでしょう。

薄毛対策に人気のチャップアップですが、果たしてAGAに対してはどのぐらいの効果が期待できるのでしょうか。また、チャップアップが人気の理由は、どこにあるのでしょうか。

チャップアップはAGA治療には力不足

まず、最初に身も蓋もない話を書くと、チャップアップは本格的なAGA治療を行うためには力不足です。あくまでも疾病の予防を主目的とした「医薬部外品」にすぎないためです。

「医薬品」と「医薬部外品」の違いは?

まず知っておいてほしいのは、医薬品と医薬部外品の違いです。医薬品は特定の疾病を治療するために開発されたもので、AGAの場合はプロペシアやミノキシジルなどがこれに当たります。

医薬品にはプロペシアのように医療機関で処方してもらうしか入手方法がないものと、ミノキシジル外用薬のようにドラッグストアで入手できるものがあります。

市販の医薬品は第一類、第二類、第三類の3種類があります。数が少ないほど効果が高いとされていますが、副作用のリスクも大きくなります。ミノキシジル外用薬は第一類です。

これに対して、チャップアップをはじめとする医薬部外品は、基本的に特定の疾患の予防を目的としています。AGAの場合、治療そのものよりも、薄毛を予防することを主眼としています。

初期のAGAならば、医薬部外品によって進行を食い止めることは期待できます。ただ、進行したAGAについては、十分な効果を発揮できるかどうかは疑問というわけですね。

もし本格的なAGA治療を行いたいのなら、選ぶべきは医薬品しかありません。チャップアップのような医薬部外品は、そこまでの力はないということです。

効果は高いが副作用が心配な医療機関の治療薬

ただ、AGA治療の医薬品の場合、副作用が心配という大きな問題があります。実際、プロペシアもミノキシジル外用薬も、副作用について添付文書に明記されているほどです。

例えばプロペシアの場合、ED(勃起不全)や精子減少などの副作用があると添付文書に記載されています。ある意味、AGA並みに大きな悩みとなりかねない副作用です。女性が使えないのもネックです。

また、最近になってプロペシアの服用を中止しても、後遺症が出るケースが確認されています。PFS(ポストフィナステリド症候群)といい、海外に救援財団が設立されています。

一方、ミノキシジル外用薬の方も、頭皮のかぶれや湿疹といった副作用があります。大正製薬から発売されているリアップの添付文書にも、そのことが明記されています。

また、リアップを使用している人が心不全でなくなったというケースも報告されています。厚生労働省は因果関係を否定していますが、不安になる要素であるのは確かです。

AGA対策を行うのが怖いという人の多くは、この副作用が理由となっています。いくら髪の毛が生えても、副作用が出ては困るといったところですね。

チャップアップなら副作用の心配なし

医薬部外品であるチャップアップは、確かに効果という点では医薬品に及ばないかもしれません。期待できる効果も、あくまでも薄毛の治療ではなく、予防というレベルでしょう。

ただ、チャップアップのメリットは、プロペシアやミノキシジルと比較すると副作用のリスクが小さいことです。これは、配合されている育毛成分が、自然由来のものが中心になっているためです。

そもそも医薬部外品は、医薬品と比較して効果が緩やかです。その分、体に急激な変化が起きにくく、副作用につながりにくいことがメリットとされています。

また、AGA治療薬であるプロペシアやミノキシジルは、人工的な成分です。副作用のリスクは、このことと無関係というわけではありません。

これに対してチャップアップの自然由来成分は、生活の中で触れる可能性があるものなので、副作用につながりにくいというわけです。これが、人気につながっている可能性があります。

あえて問題点を挙げるなら、成分を抽出するためのエタノールによって、頭皮がかぶれる可能性があることでしょうか。ただ、プロペシアやミノキシジルほどシャレにならない副作用ではありません。

チャップアップの育毛成分はどうなの?

上でも触れましたが、チャップアップの育毛成分は自然由来のものが中心です。その中でも特筆すべきは、AGAの原因であるDHT(ジヒドロテストステロン)対策を狙いとしたものです。

具体的にはオウゴンエキス、チョウジエキス、ヒオウギエキス、ビワ葉エキス、チョウジエキスがDHT対策を狙いとした成分に当たります。これらは、それぞれどのような成分なのでしょうか。

DHT生成抑制が狙いのチョウジエキス

DHTは男性ホルモンからつくられる物質ですが、生成するためには5α-リダクターゼという酵素の働きを抑える必要があります。プロペシアは、この酵素を抑えるための薬です。

オウゴンエキスとチョウジエキスも、5α-リダクターゼを抑えることを狙いとしている成分です。5α-リダクターゼを抑えられれば、DHTの生成量が減ってAGAの進行を食い止められるというわけです。

効果はオウゴンエキスの方が高いとされており、チョウジエキスはオウゴンエキスの補助的な成分と考えた方がいいかもしれません。

また、チョウジエキスには殺菌作用もあるため、頭皮の雑菌が原因で起きる炎症性の脱毛症を防いでくれることも期待できます。

余談ですが、チャップアップサプリに配合されているノコギリヤシにも同様の効果があることが、海外での臨床試験から分かっています。

イソフラボンが多いヒオウギエキス

大豆などに含まれているイソフラボンは、更年期障害対策が期待できる成分とされています。これは、イソフラボンが女性ホルモンに似た働きを持っているとされているためです。

ヒオウギエキスにも、このイソフラボンが多く含まれています。では、なぜこれがDHT対策に期待が持てる成分だといわれているのでしょうか。

女性ホルモンには、髪の毛を伸ばす働きがあり、DHTによる脱毛の阻害要因となっています。ヒオウギエキスのイソフラボンにも、同様の効果が期待できるというわけです。

DHT対策成分ではあっても、DHTそのものを減らすというわけではなく、あくまでもDHTの働きを阻害することを狙いとして配合されている成分なのです。

脱毛因子抑制が期待できるビワ葉エキス

人間の体内には特定の細胞に影響を与える成長因子と呼ばれる成分があります。成長因子の一種であるFGF(線維芽細胞増殖因子)のうち、FGF-5には髪の成長を抑える働きがあります。

DHTはこのFGF-5の生成を促す働きがあります。AGAはDHTによってFGF-5が増えすぎた結果、髪の毛の成長が阻害されて薄毛になるというものです。

ビワ葉エキスは、このFGF-5の働きを抑えることを狙いとして配合されています。FGF-5を抑えられれば、髪の毛の成長力がアップし、薄毛対策になる可能性があるというわけですね。

ちなみに、ビワ葉エキスには血行促進効果があります。血行促進によって毛根に多くに血液が流れ込めば、髪の毛に届く栄養素が増え、髪の毛の成長促進が期待できます。

結論-「ほどほど」がチャップアップ人気の理由

チャップアップはプロペシアやミノキシジルほどの効果は期待できませんが、初期のAGAならば進行を抑える「ほどほどの効果」は期待できるレベルの商品でもあります。

また、プロペシアやミノキシジルほど強い副作用が起きる危険性もありません。起きたとしてもエタノールによる頭皮のかぶれ程度で、こちらも「ほどほど」と言っていいでしょう。

私も、プロペシアの効果が高いことは分かっていても、副作用が怖くてイクオスやフィンジアに乗り換えたので、「ほどほど」を求める気持ちはよく分かります。

AGAがあまり進行したおらず、私のように効果は強くてもリスクのある薬は嫌だという人もいるでしょう。そういう人に受ける「ほどほど」さが、チャップアップ人気の理由なのではないでしょうか。